Tag: 救命


万が一の対応力がものをいう

29
8月

健康志向の高まりと共に、日頃運動に取り組む人が増えています。
その中で全身運動に効果があるスポーツとして人気が集まっているのが、スイミングです。
水中での運動は、足などの関節に負荷がかからないというメリットがあります。
そのため、若者だけでなく中高年からも、健康のためのスポーツとして取り組むケースが多いです。
しかし、水中での運動は危険も伴う事から、スイミングインストラクターの存在が不可欠です。
適切な水中での運動方法を指導すると共に、水中で運動している人たちの安全を見守っています。
スイミングに長年取り組んできた人であれば、このバイトも難なくこなすでしょう。
泳ぐことの何たるかを理解しているため、的確な指導ができます。
また、万が一の水中の事故への対応として、応急救護の知識や経験についても積み重ねておくといいでしょう。
水中で溺れた人を救うには、応急救護の有無が大きな分岐点となります。
応急処置が的確で迅速であれば、助かる可能性は高いです。
バイトであっても、スイミングインストラクターとして現場に立つ以上は、責任を持って最後まで職務を果たす必要があります。
その役割を果たすためであれば、インストラクターが求められる必要な対応力は、身につけておいた方がいいです。
こうして水泳をテーマにして生徒に教えた経験は、他の指導の分野でも発揮できます。
物事を教えるという行為自体は、共通する部分が多いため、他の講師としてのバイトでも応用を利かせられる範囲が広いのでおすすめですよ。
その他にもまだまだインストラクターのアルバイトはたくさんあります。
これからアルバイトを探す人に是非読んでもらいたいサイトがあるので、そちらを紹介します。
インストラクターに興味がある人は【http://xn--m9jj3h2d8b1c1b5d1pkdye5232e.com/

Comment » |

Back to top